笑いじわの原因2 肌のハリのなさ

lanlansha

 

 

笑いじわ最大の原因は「表情の繰り返し」だとお伝えしましたが、

 

 

お肌の曲がり角と言われる25歳以降は、肌のハリのなさも関係しています。

 

 

人間は25歳くらいから肌のハリを支えているコラーゲンが減ってくるので、それに伴ってハリ・弾力のない肌になってきます。個人差はありますが。

 

 

肌に張りがなくなると、思いっきり笑ったときにクシャっとしたシワが寄ってしまいますし、笑ったあとも、シワの跡がついたまま戻らなくもなってしまいます。

 

 

たとえば、朝起きて顔に跡がついていたとき、肌に張りがあればすぐに跡は消えますが、ハリのない肌だとなかなか戻らないんですよね。

 

 

経験はありませんか?若いころはすぐ戻ったのに、なかなか跡が消えなくなったな・・・みたいな。

 

 

年のせいだと思うと悲しいですね苦笑

 

 

話が逸れてしまいましたが、コラーゲン減少による肌のハリのなさが、笑いじわの原因の1つなんですよね。

 

 

なので、お肌の曲がり角をすぎたら、肌に張りを出すスキンケアを意識的におこなっていかないといけないんです。

 

 

コラーゲンはどんどん減りつづけるのでね。。

 

 

肌のハリはコラーゲンの量によって決まるので、コラーゲンを増やしていくことが大事になります。

 

 

たとえば、ピーリングなどのスキンケアです。肌からポロポロとカスが出てくるあれ!

 

 

ピーリングは肌の表面にのこっている古い角質をとりのぞくスキンケアなんですが、これをすることで肌細胞が活性化されて、コラーゲンが増えるといわれているんです。

 

 

「ピーリングは肌をこするから良くない」とも聞きますが、そーっと優しくやれば肌にとっては良いことばかりなんですよね。

 

 

肌の表面にある余分なものがなくなるぶん、化粧水なども浸透しやすくなりますし。

 

 

できれば20代から、週に1回くらいはピーリングを習慣にするのがおすすめですよ。

 

 

肌をピカピカに磨いて、笑いじわが薄くなりますように!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です